【怖い話】怖い話・短レス集 「霊でも、キモいものは見たくないんだな」「死なない兵士」他

怖い話・短レス集

57 名前本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/12(火) 11:42:21 ID:fBwP6gTT0

生き生きとした霊

昨日家に帰ってきたら、扉あけた瞬間見知らぬ男が目の前にいて
あっやべっ

って言って消えた。
同居人いるだろうなとは思ってたけど(足音とかパソ後ろから覗き込んでくる
顔がモニタに写りこんでたり、パソつけたまんまコンビニいって帰ってきたら
2の専ブラしか開いてなかったのにテキスト開いてて見知らぬ誰かの自分語りが
かいてあったり)あまりにも普通の40くらいのナイスガイで生き生きとしてたから
一瞬泥棒かと思った。

 


96 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/06/17(日) 18:32:06 ID:88CvTeLE0

霊でも、キモいものは見たくないんだな

俺は女装が趣味。
仕事の都合で引っ越しし、後片付けが終わって、
さぁ、引っ越し後初の女装だ。と思って

女装して(;´Д`) ハァハァしてた。
そしたら「・・・出ていくわ」ってどこからかともなく聞こえたんだよ。
????と思ったが、ま、いっか。と思って(;´Д`) ハァハァした。
しばらくして、隣人から「なんとも無いんですか?」って言われて、はぁ?と聞き返したら
その部屋へ越して来た奴は数日で出て行くんだと。

霊でも、キモいものは見たくないんだな。

 

 


176 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/05(火) 03:32:37 ID:CHn3t5qdO

深夜の病院で車椅子を押すナース

数年前に半年ほど入院してた病院の話なんだが
そこは昭和初期の開業の総合病院で、昔は同じ敷地内に木造の建物だったらしい
深夜に喉が渇き、上の階の自販機にジュースを買いに行こうとしたときの話だ
暗い廊下を歩いていると、前方に車椅子を押した看護婦がボンヤリ見えた
こんな時間に変だなと思い目を凝らすと、車椅子は空みたいだ
さらに近づいて来た看護婦を見てみると長い髪に覆われた顔は良くわからなかったが、随分古いデザインのナース服は酷く汚れていた
そして横を通り過ぎる時も一言もしゃべらない、その看護婦・・
俺は激しい寒気と恐怖に襲われ、走るようにして病室に戻り布団を被り朝迄震えていた
後で分かった事だが、戦時中その病院は空襲にあい看護婦が重症患者を車椅子に乗せ助けようとしたが、共に火に呑まれ亡くなったらしい

 

 


278 本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 22:41:31 ID:Xlc2uCQm0

ユダヤ人にまつわるオカルト

ユダヤ人が世界を操ってるという話でひとつ
英語で「Jew」はユダヤ人のこと、Jewで始まる単語は全てユダヤ人が絡んでるという話
例えば「Jewelry」ジュエリーを売って裏で儲けてるのはユダヤ人
『A Diamond is Forever(ダイヤモンドは永遠の輝き)』というキャッチフレーズを作ったのは
デ・ビアス グループ(De Beers Group)。裏資本はあの有名なロスチャイルドファミリー。
そして「婚約指輪は給料の3ヶ月分」これを広めたのもデビアスグループ。
デビアスグループ(ユダヤ)はダイヤモンド業界の独占に成功して、流通、価格を操ってるのです

 

 


12 本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 10:30:41 ID:jm2TfrcL0

死なない兵士

「フランケンシュタインの怪物」は実在し、第二次大戦時にドイツから
日本へその心臓が密かに輸送され絶対に死なない兵士を創造する
研究が秘密裏に地下でなされていたが中途で終戦になりその研究
資料も心臓もどさくさで行方不明になってしまい成果は不明である。
ただ、終戦直後の戦災被害児にまじって、家畜等を襲い生肉を
ほおばる少年がいた事が「死なない兵士」の伝説とあわせて伝聞では
あるが伝えられている。

 

 


48 本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 01:17:07 ID:DtY2qQ6/O

プシュー、ポン!

ある男が、哺乳瓶のゴム部分を作っている工場に、見学にやってきた。
工場員が男を作っている場所へ案内した。
「プシュー・ポン!プシュー、ポン!」
工場員「このプシューという音の時、ゴムを膨らませて、ポンという音の時に
穴を開けてるんです」
男「へえ~」
工場員「実はこの工場では最近、コンドームも作り始めたんですよ」
そういって、男を、作っている現場へ案内した。
「プシュー、プシュー、プシュー・・・・・・ポン!
男「今、ポンって音しましたよね?コンドームにポンはないでしょ!?」
工場員「いいえ、いいんです。たまにこれがあったほうが、哺乳瓶の売り上げが伸びるんです。」

 

 


30 本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 15:52:25 ID:YWr4MMNk0

「降りないんですか?」

昨年のお盆休み明け、夜10時くらいか。帰宅のためバスに乗ってた。
俺の家は終着に近い所だから、だんだん車内にも人がいなくなってね。

「A橋」って停留所があってね。ここから少し歩くと、山の上に霊園がある。
でも反対側が新興住宅地になってるから、結構ここで降りる人いるんだ。

案の定「次は~A橋」ってアナウンスの直後に「ピンポーン」と。
で、その停留所に止まる。後ろの降車ドアが開いてしばらくの沈黙。

すると運転手が確かめるように車内を振り返り、俺に向かってこう言うんだ。
「あの~、降りないんですか?

 

 


77 本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 00:44:26 ID:lhW4z871O

足の裏の印

祖母から聞いた話です。昔は亡くなった人の足の裏に墨で印をつけてから弔ったそうです。
足の裏に印を付けると、生まれ変わっても残ると言う言い伝えがあったらしいです。
祖母に尋ねたところ墨で印を付けて亡くなった方を弔ってから、その方の親族に生まれた赤ちゃんの足の裏には痣になり、その跡が残っていたそうです。

 

 


157 本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 04:47:30 ID:k2Wa1IHKO

また来るからね。

以前一人暮らしをしていた時に夜中に寝返りうったら隣に知らない人が寝てた。
寝呆けた振りしながらトイレの鍵しめてガクブルしてたら、トイレのドア越しに、また来るからね。って声と玄関の閉まる音に引っ越しを決めた私(´Д`)。

 

 


101 おさかなくわえた名無しさん:2007/05/08(火) 22:28:22 ID:m4VNz+f+

ポラロイドカメラ

タイマーを使って自分のポラロイドを撮っていた人。
気に入らないので何枚か撮っていると、画面の端に人影のようなものが。
お、なんだ、と振り返っても誰もいない。部屋には自分だけ。
ためしにもう一枚撮ってみると見知らぬ男が自分の背後に立ち尽くしている写真が。
更にもう一枚撮ると、なんと自分に向かって包丁を振りかざしている写真が…
すぐさま撮影を止めたそうですが、連続写真など撮っていたら…。

 

管理人
管理人

女装の話が一番好きかなw

 

 

コメント