【ほんのり怖い話】バイクで山の奥へ走っているうちに「関係者以外の進入禁止」の看板を見て、そこへハンドルを切った→道の奥に小さな集落が目に飛び込んできて・・・

ほんのり怖い話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

あれは今から4.5年前、当時大学生だった私は授業の後手に入れたばかりのバイクで八王子周辺を乗り回すのが日課でした、その日もいつもと同じ様にバイクに乗って走りに出かけたのです。
天気がよかったせいか進路を山の奥へ奥へ進めました、ご機嫌で乗り回してるうちに「ここから先私道、林業関係者以外の進入禁止」といった看板を目にした私は何故か冒険心が触発されそこでハンドルをきってしまったのです。
時刻は10月の17時ごろ西の空に日が沈む間際でした。

 

その道は舗装もされておらず輪立ちの間に草が茂りただ山中に線を引いたといった感じでした、しばらく走っていると段々畑の後らしき人の手を加えられた土地や年代を感じさせるバスの標識が目に入りやがてレンガ作りのトンネルを越えた私の目に小さな集落が飛び込んで来ました。
ヘッドライトだけでは確認は出来ませんが中央に小川を挟んだ小さな集落で中心地舗装もされていて
物見やぐらがある建物等が確認できました。
もちろん人など誰一人住んでる気配など無くしばらく夕闇の中興奮してたと思います。

一通りの探索の後、今度皆で遊びに来る時のため道を覚えて帰る途中で急に「ぷすっ」ってエンジンが止まったのです、当時はPHSしかもっておらず確認しなくともまず圏外であることは分かってましたしこんな山奥でまず一年待っても車が通るか分からない所でのエンストは酷く私を狼狽させました。
何回かのキックでやっとエンジンがかかったので胸を撫で下ろして「いざ出発?!」と思ったら「キィィ」って平地にも関らずハンドルが曲がりました。

ヘッドライトに照らし出された先を目にした時、血の気が引きました。
照らし出された道の脇の草むらの中にはおびただしい数の墓石がひしめいてました。
道など覚えられず飛んで帰ったのは言うまでもありません。
後日友人とこの幻の集落を探しに来ましたが見つかりじまいでしたが変わりに荒れ果てた水子地蔵の群れやダム建設現場のタコ部屋らしきものを発見しました。

 

コメント