【オカルト】サエノ神

オカルト・小話

803 灰皿 ◆RxRt4/Lex. :04/02/14 02:03
ある旅人が、丹沢山中で夜をむかえた時、
夜露をしのぐ為に、仕方なく道端の『サエノ神』(確かそんな名前)の祠で夜を明かそうとした。 

夜も更けた頃、どこからともなく二人の声が聞こえてきた。 
「お~い、サエノ神。そろそろ行こうや」 
「いや~今日はダメだ。お客人が来てるんでな。今日のところはみんなで行ってくれや~」 
そんな会話を、旅人はウトウトしながら聞いていた。

しばらくするとまた声がする。 
「サエノ神よ~今帰ったぞ~」
「どうだったんだ??」
「あ~男だったよ。だが、アレは15までの運命だ。最期は川で果てる事になるな~」

 

804 灰皿 ◆RxRt4/Lex. :04/02/14 02:05
そんな会話を聞いた旅人は、翌朝、近くの村を周ってみた。
すると不思議なことに、昨夜生まれた男の子がいるという。 
そこで、両親に昨日の出来事を話し、子供の為にサエノ神を大事にするようにすすめた。

やがてその子は釣り好きになり、毎日のように山に釣りに入っていった。 

そしてその子が15歳になったある日、釣り竿を壊して家に帰ってくると、不思議な話をしだした。 
「今日、おかしな事があった。
 川で弁当を食べていたら、上流の方から一人の男の子がやってきて、
 『お前は、本当なら今日で命が終わる運命だ。だが親が信心深いので、60になるその時まで命を預ける
 って言われた」
そう不思議そうに話したという事だ。

 

806 あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/14 02:58
>>803 
『サエノ神』は『塞の神』ですね。 
道祖神とか結界を守る神様で、遡ると、黄泉の国でイザナギが死者を封じる為に置いた大石の事だとか。

 

コメント