【オカルト】周りの人間に近付こうとすると遠ざかれる男

オカルト・小話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

たぶん世にも奇妙な物語の話だと思う。
それは突然起こった。主人公が同僚に近付こうとすると、同僚は
近付かれたぶん遠ざかる。
「?」と思いながらも同僚に近付こうとする。

しかし同僚は離れていく(特にリアクションを起こすわけでもなく、ただ遠ざかる)「なんだ?」と思いながらも、書類を同僚の机に置き主人公は帰宅する。

 

 

帰宅途中の電車の中でも、なぜか主人公の周りだけ人がいない。
人がいるほうに近付いても同僚と同じく離れていく。
その出来事に主人公は驚きながらも帰宅する。
妻にこの事を話そうと近付こうとするが
妻も同じだった。
「なぜ俺が近付くと離れるんだ?」と妻に聞くが、妻は

「え?何を言ってるの?」と返事をする。
そこで主人公は妻に近付こうと必死に

なり、とうとう妻を壁際まで追い詰める。
主人公がゆっくりと近付くと、妻は「いやぁ!!!」と悲鳴をあげる。そこでテレビの画面は暗くなり、次のシーンでは数年後になっている。

そこには相撲取りになった主人公がいる。
と言っても相手は主人公が近付くと

離れるので主人公は何もしなくても勝てる。
その相撲中継をテレビで見ていた男が「史上最もつまらね~横綱だな」
と言って終わる。

 

 

管理人
管理人

謎は謎のままなのか・・・

 

コメント