【リアルに怖い話】便所の落書き

リアルに怖い話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

オレが高校時代のお話。
ガキ時代ってなぜか知らんがすぐ便意をもよおすよね。
まぁオレはご多分に漏れず学校帰りに急にクソしたくなって 公衆便所に駆け込んだ。
家までは歩いて遠かったし 見るからに汚い便所だったので誰も来ないからいいや と思ったんだ。カバンからティッシュを取り出しながらこれで足りるかなぁ?なんて思いながら便所に入った。
やっぱ一応紙のあるトイレ部屋がいいから 順番に手前からドアを開けて確認してったんだ。
個室は3つあって手前から「ゲロまみれ」「流し忘れ」「まぁまぁキレイ・紙アリ」だった。
オレは当然奥の部屋に入ってブリった。

今までガマンした分だけ中々終わらず、オレは薄暗い部屋で初めて周りを見渡すと落書きだらけだって気づいた。
女欲しい とか アホバカ とか ○○学校の○○参上 とか、しょーもないのばっか。

 

 

でもそこに一つの共通点があるってわかった。
ほとんどの落書きの文章に、赤いペンで丸で囲んだ部分があるって。

『ざけんな!カ(ス)』
『オレのチンチンでかいだ(ろ)』
『(し)にくされまぬけ』とかってゆーふうに。

す、ろ、し、こ、ね、を選んで丸で囲んでるみたい。
殺す死ね』か『死ね殺す』とでも言いたいんか。

馬鹿馬鹿しいと思って 中々終わらない便意にイライラしながら、誰がこんなアホみたいなマネしたんかなぁ?と考えた。
誰だか知らんそいつはこのトイレにコモって 赤いマジックが何かで落書きに延々とチェックを入れていったのか。
気持ち悪い。
オレもそいつが居たのと同じ空間にいるんかと思うと 気分が悪くなってきたので 早々にきりあげる事に。

備え付けだったトイレットペーパーをからから巻き取りながらケツを拭いてると、どーもペーパーに何か字が書いてあるのに気づく。
トーレットパーパーの表面にお経みたいな字の図形が延々と書いてある。もちろんオレが巻き取った紙にも。
オレがペーパーをからから巻き取るとずっとソレが書いてあったんだよ。誰かが一度ペーパーを全部ほどいて文字を書き、その後また戻したんだ。
そんな気の遠くなるようなキチガイ行為を一体誰が。

本当に恐怖を感じてきたオレはさっさとケツを拭いてズボンを履いて立ち上がった。

そしたら、その時まで気づかなかったけどドアの上のほうにも大きな落書きがあったんだ。
『ナンなんだよ(コ)(コ)!気持ちわるっ!変なチェック(す)んな!』オレはこれを読んで震え上がった。
このチェックに気づいた人間の落書きにまでチェックが入ってるって事はコイツ何度もココに来て、その度に赤いマジックで囲んでるんだ。
もしかしたらこの部屋に誰かが入るようにわざとソイツがトーレットペーパーを置いて、しかもその紙には変な文字を・・。

そいつのアタマの中を想像しただけで背中に震えが来て、オレは急いで部屋を出たんだ。
そして気づいた。
トイレの入り口とは反対の壁のデカい換気窓。
そこから人影が見えた。
そしてそいつはサッと消えたんだ。

いよいよオレは怖くなって入って公衆便所を出て家までずっと走って帰った。
霊の話じゃなかったけど精神異常者はヘタな霊よりめっちゃ怖かったって話。

 

コメント