【ほんのり怖い話】覗きこむ白い顔

ほんのり怖い話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

僕が中2の時に修学旅行であるキャンプ場に行きました。
そこはトイレなんかも汲み取り式で、夜になるとほとんど前が見ないような密林なところ。宿泊学習最終日の夜にそれは起こったのです。
修学旅行の夜はどんなきまりをたてられても守らずに夜更かしをするでしょ?
そんなわけでバンガローの中、7人ほどで怪談話をしたんです。
雰囲気もばっちしでしたから。

いくつかのありきたりの怪談を話し終わった後、耐えられずに1人また2人と眠っていく人も出始めました。

 

 

そして、とうとう皆寝てしまいました。
夜更かし大好きな僕だけを残して・・・

一人で過ごす闇はとても辛いです。
その日は雨が降っていたので雨が落ちる音さえ足音に聞こえました。

1時間ほど1人ボーっとしていると、あることを思い出してしまいました。
先輩から笑いながら聞いていた、このキャンプ場での幽霊目撃話を。もう何がなんでも寝ようと思った俺はギューっと目をつぶりました。
しかし寝よう寝ようと思えば思うほどに寝れなくなってしまいます。
怖くなったので友達を起こそうと体を起こした時に僕は見てしまいました。

窓の向こうに見える真白な顔を。
その顔はずっとバンガローの中を覗きこんでいるのです。

僕はあまりの恐ろしさに音もたてずに毛布をかぶりました。
それからはずっと目をつぶりました。

どんなに眠れなくてもひたすらに。ずっと。

何時の間にか僕は寝ていたようで友達に起こされて朝をむかえました。
窓の外にはもう白い顔はなく、友達に話しても笑われるだけでした。

今でも中2の旅行はそのキャンプ場に行っているようです。
そして必ず白い顔を見る人が何人かいるんだそうです。
アレはいったいなんなんでしょう。

 

コメント