【意味怖】妹の部屋で俺が・・・【意味がわかると怖い話】

意味がわかると怖い話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

先日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。

最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。

ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、

「バカヤロー!」

って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

 

 

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。

両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?

いま思い出しても背筋が凍る思いだ。

 

 

 

考察を見る

この話は、「俺」が妹の部屋で首吊り自殺をした、という話。

「大便」は、首を吊って出た排泄物を指す。
※首吊りをすると重力の関係で、体内のものは下に落ち、さらに死亡すると筋肉が働かなくなるため、排泄物は垂れ流し状態に。

「旧・日本兵の格好をした見知らぬ男」は、国の為に死んだ霊。
「俺」は死んでしまったため、この霊が見えたのだろう。

さらに、「バカヤロー」とその霊が言ったのは、自分は国の為に死んだというのに、自ら命を投げ出した「俺」が許せなかったから、と思われる。

妹は、自分の部屋で兄が自殺したため泣き叫び、両親は息子の自殺を嘆いた。

話を聞いてくれないのは「俺」は幽霊だから。

他の家族には見えないのだ。

 

 

コメント