【怖い話】廃墟の病院で肝試し

オカルト・怖い話

1000: 裏飯屋がお送りします 2004/04/04 04:04:04.44

もう10年くらい前の話。高校生時代のこと。
確かな時期は良く覚えていません。

俺の友人が廃墟の病院を見つけたって言うんで、夜2人で探索しないか?と言われました。
ようするに肝試しってこと。霊体験はなかったせいか、あまり怖いとは思わなかったんですね。
俺は引き受けて行くことにしました。
夜、チャリンコで現地へ。
到着すると、何だかいかにも出ますよ、って感じの不気味な雰囲気。

 

周りには建物らしいものは見あたらないし、手持ちの懐中電灯がないと殆ど周りが見通せないほど薄暗い。
正面玄関は鍵が掛かっていたため、他の入口を探すことに。
非常階段を発見したので、そこから進入することにしました。
非常階段のドアも鍵が掛かっていたんですが、4階の入口が開いていたためそこから中に入りました。
まずは下から回ってみようと言うことで、そのまま1階まで降りてきて先ほどの正面玄関の所まで来ました。
すると、俺はなぜか寒気、というか気配というか、何か普通じゃない感じがしたんです。

友人も同様だったらしく、何か険しい表情。
「何かやばくないか?帰るか?」

なんて会話をしていると、正面の通路10mくらい先のドアが勝手にゆっくりと開いたんです。
しかも、電気が通ってないはずなのに、その開いたドアから青白い光が漏れているんです。
そこから、たくさんの子供達が現れました。
しかし、その子達は全員無表情、目は虚ろで顔面蒼白だったのです。

俺はすぐに悟りましたよ、奴らはこの世の者じゃないって・・・。

全員で20人くらい居たでしょうか。
彼らはまっすぐ俺達に向かってゆっくり歩いてきます。
さながらゾンビのように・・・。

「怖えぇ!逃げ逃げ逃げよう!」
俺は内心そう思いましたが、金縛りにあってしまい動けなくなったんです。

それは隣にいた友人も同様でした。俺達が立ちすくんでいる所に奴らはやってきました。

しかし、俺達の事は眼中にないような感じで、全員俺達の間を通り過ぎ、背後の正面玄関に向かって行きました。
俺は怖くて目を合わせることができませんでした。
やがて全員通り過ぎて奴らが居なくなった頃、金縛りは解けました。

恐る恐る背後を見ると、鍵が掛かってしまっている正面玄関のドアしかありません。奴らの姿はどこにもありません。
しかし、間違いなく奴らは俺の背後に向かって歩いていったんです。
その後はどうやって逃げ帰ったのか、その廃病院はどこにあったのか、等は全く覚えていないんです。
いまいち怖くないかもしれませんが、俺達にとって死ぬほど怖かった体験です

 

コメント