【オカルト】人柱になったお坊さん

オカルト・小話

89 1/2:04/01/21 16:38

地名は忘れたし、うろ覚えなんだけど、どこかの民話。

山の上の池の主だか化け物だかが、洪水を起こし近くの村を沈めて、自分たちの住処を広げようと相談をしていた。
崩れない堤にするには人柱を埋めるしかないが、人間は知らないから安心だなどと笑っていた。
しかし、旅の坊さんにそれを聞かれてしまう。
坊さんは逃げようとするんだが、気づいた主達は坊さんを捕まえて、
「命が惜しければ誰にもしゃべるな」と脅して解放する。

 

坊さんは逃げようとしたが、次第に村が不憫になり、村人にすべてを話してしまう。
大慌てで堤の補強を始めたが、主の言うとおりなら村を守るには人柱を立てるしかない。
村人が悩んでいると坊さん自身が、
「私は主との約束を破った為助からないだろう。ならば人柱になってこの村を救いたい」
そう言って、自ら人柱になる事を申し出た。
堤は完成し、村は助かり、坊さんは村人によって祭られた。
しかし時がたつにつれて、その場所がどこだったのかは忘れられてしまった。概ねこういった話。

 

90 2/2:04/01/21 16:39

そんな昔話が伝わる土地で、ある時大きな工事をすることになった。
地面を何メートルも掘り進むうち、大きな甕が見つかった。
甕の中には人骨が。
一緒に僧侶の物らしい持ち物も納められていたらしい。

これは言い伝えにある村を救った僧侶の骨じゃないだろうか、ということになり、
今では下からライトアップして、博物館だかに展示されているそうだ(死)長々と駄文すいません。
こんな話もあるから、人柱伝説ってのも、あながち御伽噺じゃないんだろうなと思いまして。
まぁ実際にこんな感動的な事があったのかは分かりませんが。坊さん、ライトなんかあてられて可哀想だ。
それに写真いりだったんで、お化け屋敷に飾ってある骸骨みたいでした・・・。

 

コメント